W洗顔はいらない?

MENU

つっぱり・・・カサカサ・・・乾燥肌にとってW洗顔は洗いすぎ!?

メイクをした日はクレンジングと洗顔で汚れをしっかり落とすー

 

W洗顔はスキンケアの常識となっていますね。

 

でも、

 

洗顔後、肌がカサカサ乾燥する、つっぱるといったことはありませんか?

 

その原因はW洗顔による洗いすぎ。

 

洗浄成分が含まれたクレンジング剤と洗顔料で落として洗うのは、乾燥肌にとってはダメージが大きくかなりの負担です。

 

そう!どんな肌質にもW洗顔が適しているとは限らないのです。

 

乾燥肌はW洗顔をしない方がいい

 

肌が乾燥するのは、肌の保水力を担い潤いを維持しているバリア機能が低下した状態です。

 

特にクレンジングの洗浄成分は、肌の天然クリームと言われる皮脂、油分などの保湿成分も落としてしまうため、さらにバリア機能を低下させる原因になります。

 

洗顔料にもクレンジング剤ほどではありませんが、洗浄成分が配合されています。

 

W洗顔をすることで、洗浄成分が肌に乗っている時間も長くなり、摩擦を与える回数が増えることから、当然肌へのダメージが大きくなりますよね。

 

乾燥肌は普通肌と比べ、皮脂量が少ないので残しておく必要があり、W洗顔は洗い過ぎということなのです。

 

このように乾燥肌にとってW洗顔は大きな負担に。

 

クレンジングと洗顔を1つにすることで、バリア機能の低下を防ぐことができます。

 

普通肌や脂性肌の人であれば、一時的に乾燥しても肌が皮脂を分泌するのでバリア機能を取り戻すことができます。

 

ですが、乾燥肌や敏感肌の人は本来皮脂の分泌が少ないため、一度バリア機能が低下する回復までに時間がかかり、その間にしっかりと保湿ケアをしておかないと乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥肌のクレンジングで大切なことは、

 

バリア機能を壊さない
肌に必要な皮脂(潤い)を残す

 

ということ。
そのためには短時間で終わらせる必要があります。

 

最近では、

 

  • 保湿成分がたっぷり入って潤いを残しながら短時間で汚れを落としてくれる
  • 洗浄力を持った保湿成分でやさしいのに汚れ落ちがいい
  • バリア機能をサポートするセラミドやアミノ酸が配合されている

 

 

など、まるで美容液!?と思うほどの保湿力を重視したW洗顔不要のクレンジングがたくさん販売されています。

 

肌へのダメージや刺激を最小限に抑えていて、乾燥肌をはじめ、敏感肌の人も愛用されていますよ。

 

クレンジングを見直して潤いとハリのある素肌を手に入れましょう!