肌を傷つけているクレンジング

MENU

メイクを落とすだけなのに・・・

メイクをしていると、クレンジングをして洗顔をするのが当然ですよね。

 

1日のメイクや毛穴に溜まった汚れをすっきりオフ!

 

でも、実はスキンケアの中で最も肌に負担を与えているということをご存知でしたか?

 

肌のコンディションを左右すると言っても過言ではありません!!

 

クレンジングが肌を傷めている!

 

クレンジング剤や洗顔料には洗浄剤が含まれています。

 

特にクレンジング剤は、メイクによる油性汚れを落とさなければならないので、洗顔料よりも強い洗浄力があり、そのぶん時間をかけたりこすることで、肌を傷つけてダメージを与えています。

 


ダメージってどんな?

 

肌には外部の刺激から肌を守ったり、肌の潤いを保持するバリア機能が備わっています。

 

クレンジングの洗浄力や摩擦などが原因で、肌に必要な保湿成分である皮脂や油分も奪ってしまい、バリア機能を低下させてしまいます。

 

バリア機能が低下すると、外部の刺激が侵入しやすくなり、肌内部の水分が蒸発して保水できなくなるので、肌荒れや乾燥などさまざまな肌トラブルを引き起こします。

 

 

洗顔料にも洗浄剤が配合されているので、クレンジングまでとはいかなくても肌の負担になっています。

 

洗顔をしたあとに肌がつっぱる、カサカサで潤いがない、といったトラブルはバリア機能が低下して肌の水分維持力が弱くなっているからなのです。

 

肌への負担を最小限にするには?

 

クレンジングがいくら肌によくないと言っても、メイクをやめるわけにはいきません・・・

 

肌のダメージを減らすには?

 

時間をかけない

 

こすらない

 

刺激が強いオイルクレンジングやふき取りシートタイプのクレンジングは使わない

 

これらを避けると、ダメージもかなり軽減されます。

 

 

また、W洗顔不要のクレンジングを使用するという方法もありです。

 

1つでクレンジングと洗顔の機能を持っているので、時間短縮や摩擦を回避してバリア機能を守ることができます。

 

「スキンケアの基本はクレンジング」と言われるほどクレンジングは重要なもの。

 

ちょっと手をかけてあげるだけで肌は変わってきます。
1日の終りに肌をいたわってあげましょう!